ダイエット

贅沢な時間の無駄遣い

妻はコーヒーが大好きです。かといってって豆からひく程ではありませんが、インスタントでも「これしかダメ」というこだわりを持っています。

 

 その関係からか、私も結婚以来ずっとそのコーヒーを飲み続けているため、ほかの種類のコーヒーを買わなくなってしまいました。

 

 だいたいが妻がコーヒーを飲む時にひとこと

 

「コーヒーいる?」

 

と聞いてくれこっちも

 

「お願いします」

 

と言ってから湯を沸かし、二人でコーヒーを飲みながら四方山話をするというのがのいつもの生活のリズムとなっています。コーヒーが間を上手く取り持ってくれているという感じの生活を続けています。

 

 しかし最近妻との仲が少しこじれてきました。何か牽引化はよく分からないのですが、どうも話もうまくかみ合わず、話をしてもついお互いにきつい言葉の言いあいとってしまっていることがふえました。

 

 こうなるとコーヒーもその諍いの原因となってしまいます。妻は自分の飲みたい時に電気ポットで湯を沸かし、コーヒーを淹れようとする、いつもなら

 

「コーヒー入れようか?」

 

と言ってくれる一言がなくなり、自分の分だけ入れて飲むようになってしまいます。仕方がないので私も「自分の飲みたい時」に一人分だけ湯を沸かしてコーヒーを作り、お互いにぶすっとしながらコーヒーを飲んでいるという状況になってしまいます。

 

 そうなってしまうとコーヒーの味もいつも以上においしくなくなり、コーヒーを間に置いてのよもやま話もなくなってしまい、「おたがいにただコーヒーを飲んでいる」というだけの状況となってしまいます。

 

 嗜好品というもの、特に二人とも好きなコーヒーなら、それを味わいながら楽しい時間を過ごすのが一番の贅沢だと思っています。しかし、今はその「一番の贅沢な時間」を見事に無駄にしています。

 

 何とかしたいとは思ってはいるのです。しかしなかなかいつもの「コーヒー入れようか」が言えず、ひとりコーヒーを沸かして飲んで、せっかくの贅沢な時間をどんどん無駄にしているこの頃です。いつまでこんな時間が続くやら・・・。我ながら意地の張り合いをなんとかしなければと思いながらも、素直になれないでいます。